スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注文住宅の流れ⑤土地の購入

住宅ローンの事前審査で承認をもらったところで、土地の売買契約を行います。通常は売主、買主双方同席して、不動産会社の重要事項説明後、契約となります。

ただ、事前に下記の点①~⑩を確認しておきましょう!

①土地の登記簿謄本
売主と同じかどうか。違う場合は理由の確認が必要です。地目も「宅地」となっていない場合は、用途変更の地目変更登記が必要となります。ただ「農地」等の場合は建築するために法令手続きに1か月時間以上がかかりますので要注意。土地に対して抵当権などの権利設定がある場合は買主への所有権移転時までには抹消できるものかどうか。

②土地の境界
一般的には土地には境界を明示する境界票(下記参照)が入っています。無い場合は土地の境界の明示と併せて境界票を新設してもらえるか、隣地の樹木や物置など越境物がないかどうかを確認しましょう。

境界票

③土地の供給施設
上水・下水、電気、都市ガスなど住宅を建築する上で必要なものがそろっているかどうか。無い場合はそれを新設する費用を見積もって予算オーバーにならいないよう資金計画をしましょう。

④地盤データ
札幌市内でも地盤補強工事が必要な地域が多いです。土地が安くても地盤補強に100万円超のような地盤の悪い土地もありますので事前に建築会社に相談しておくと良いです。

⑤高低差
平らな土地は多くありません。高低差によっては基礎工事や土留めの塀工事などで建物の金額が増える可能性があります。事前にお願いする建築会社に確認を!

⑥建築法規
用途地域、建ぺい率、容積率など住宅を建てるための建築法規があります。要望する住宅の建築が可能かどうか建築会社を通じて確認しましょう。

⑦現地確認
言うまでもなく、現地確認が大切。環境など納得の上で土地の契約をしましょう。

⑧期日
解約手付の期日、融資条件特約の期日、残金支払いの期日を確認。十分な時間がないなと思えば事前に希望の期日を伝えて可能かどうか確認しましょう。

⑨契約~引渡しまでの流れ
契約後、大体1ヵ月後程で土地の決済(所有権移転)を行う場合が多いです。ただ一般な売り土地の場合、住宅を建築する前に土地の購入資金が必要となりますので、住宅ローンの融資手続きの段取りを忘れずに!

⑩総予算
土地を購入する前には予算内である程度希望の家が建つかどうかはお願いする建築会社に相談をしましょう!希望とは全然違う家しか建てれなくて後で後悔ということにはならないように!ただ、土地の条件も大切ですから家の予算とのバランスを考えて資金計画をたてましょうね



契約日当日は契約前に不動産会社の重要事項説明があります。詳細はここでは触れませんがいろいろなサイトに書いてあるので少し下調べしておくと安心ですね。契約は意外なほどあっさりな印象を受けると思います。所有権移転の手続きも銀行などで淡々と終わっていきます。分からない点や不安な点があれば遠慮せずに質問しましょう!


続きは「注文住宅の流れ⑥着工準備」をご覧下さい



↓当社へのお問合わせはこちら
お問合わせ

↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします! 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
スポンサーサイト

注文住宅の流れ④住宅ローンの事前審査

気に入った土地が見つかれば契約前にまずは、購入の申込をする事となります。

住宅ローンを利用する場合、申込の際には「融資条件付き特約」といって、住宅ローンが組めなかった場合には白紙(お互いペナルティー無し)での解約の条件をつけるのが一般的です。ただ買主側にとっては良い特約ですが、売主側にとっては、契約後住宅ローンの審査を待って、その後に住宅ローンが組めなかった為に、白紙での解約は避けたいところです。

そのため契約前には「住宅ローンの事前審査」を済ませておくことが一般的ですが、申込の段階で事前審査を済ませておくと値段交渉や申込が重なった時に良い判断材料となることもありますので、土地探しを始めた段階で速やかに行っておくことのがお勧めです

住宅ローンの事前審査はお客様が直接金融機関に行くか、当社のような建築会社経由でも出来ます。後から土地や建築会社の変更は可能ですので、希望の借入金額で事前審査をしてみましょう!

下記が住宅ローンの事前審査に必要なもの一覧です。
事前審査をご依頼する際はご用意下さい。

会社員の方
1.直近の源泉徴収票(取得先はお勤め先)
2.健康保険証
3.運転免許証


会社役員・個人事業主の方
1.確定申告書(直近3期分)
2.決算書(直近3期分)
3.健康保険証
4.運転免許証


結果は一週間以内に出ることがほとんど。結果が出るまで緊張しますが、安心して新築を計画するためにも早めに済ませておきましょう!

続きは「⑤土地の購入」をご覧ください


↓当社へのお問合わせはこちら
お問合わせ

↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします! 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ

注文住宅の流れ③土地探し・見積依頼

いいなと思った建築会社見つかったら「土地探し・見積依頼」をしてみましょう

建築会社によっては「土地探し」からお手伝いをしていることが多いので、まずは「土地探し」の依頼をしましょう!建築会社が紹介する土地ですから家が建てれないということはありません。建物の要望もある程度伝えておくとそれに合いそうな土地情報が集まります。また、自分でも熱心にインターネットなどで土地情報をチェックしておくことも忘れずに!

希望の地域、大きさ、向き、角地など要望を全部満たす土地は少ないですが、現地確認をして一度建築会社に感想を伝えましょう。気になる土地がなければ継続して土地探しをお願いし、気になる土地があれば「建物プランの作成・見積依頼」をしましょう!

「土地探し・見積依頼」は無料という建築会社が多いので、まだ建築会社を迷っているという段階でも問題ありません。ただ土地によって建物プランが変わるため、見積依頼をする土地は建物プランや予算次第で実際に購入を検討できる土地が見つかってからの方が良いです。

さて上記「土地探し・見積依頼」と並行して進めていきたいのが「住宅ローンの事前審査」です。


続きは「④住宅ローンの事前審査」をご覧ください


↓当社へのお問合わせはこちら
お問合わせ

↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします! 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ

注文住宅の流れ②建築会社のモデルハウス

マイホームを考えたら悩んでいても始まりません。行動するのが一番◎

建築会社のモデルハウスを見に行きましょう!

建築会社は札幌市内でもかなりの数があります。住宅情報誌「北海道の注文住宅」(季刊誌)に掲載している会社だけでも100社程あります(当社も毎号掲載しています)。これだけの数の中から建築会社を選ぶのは大変ですねまずはいろいろな会社のモデルハウスを見学できる総合住宅展示場に足を運びましょう!

豪華すぎないリアルモデルハウスが見れるのは、当社のモデルハウス含む「南あいの里」で道内最大級!21社・全30棟のモデルハウス公開中。(駅前会場:21社30.棟、東会場:10社11棟)

↓詳しくはこちら

「南あいの里 モデルハウス」

目的は「情報収集」。どこの会社でも構いません。モデルハウスにいる話しやすそうなスタッフに声をかけて売り土地の情報、住宅ローンなどマイホームに役立つ情報を収集しましょう!

住宅の価格については、ざっくりとまずはその会社で建てる一般的な家の大きさと平均の価格帯(実際お引き渡ししているお家)を聞くのが一番。次に標準本体価格・設備・仕様、その他付随する工事費の詳細を確認しましょう!

当社の場合、標準本体価格の中に屋外給排水工事(道路横断を除く)が含まれています。会社によっては別途50~70万円と見積がくるところもあります。建物価格+付帯工事+諸費用で比較することが大切です。


建築会社によって構造や断熱、デザインなど「売り」にしているものは様々。予算に合わすために小さなお家になって結果住み心地が悪いということもあります。予算の中で全体的にバランスの良い会社を選びましょう!


続きは「③土地探し・見積依頼」をご覧ください


↓当社へのお問合わせはこちら
お問合わせ

↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします! 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ

注文住宅の流れ①土地探し

マイホームは一生に一度の大きな買い物というだけに、何から始めたら分からないという方がほとんど。注文住宅の流れを簡単にご説明しますね

資金計画については、最終的なところではご自分で判断するしかありません。そのためには、家族で会議。友人や知人の情報も収集。また自分たちの家とはいえ、両親にも話をしておくことが大切です。ひょっとしたら援助してくれるかもしれせん

ということで、新築を建てよう!と決意したら・・・・何から始めるかはこの「注文住宅の流れ」を参考にしてくださいね


家を建てるためにはまずは「土地」が必要です。親所有の土地や相続を受けた土地があればいいですが、ほとんどの方はまず「土地探し」を始めなければなりません。


土地探しには利便性や小学校区など様々な条件があると思いますが、はまずは簡単なところで下記のサイトから希望の条件を入力して情報を検索してみましょう!

ヤフー不動産
アットホーム
■グーグルなど検索サイトで「地域名、売り土地」と入力して検索


希望する土地の価格帯や現在の販売物件数などある程度の勉強をしておきます。


次に当社などの建築会社のモデルハウスを見にいきましょう!


続きは「②建築会社のモデルハウス」をご覧ください


↓当社へのお問合わせはこちら
お問合わせ

↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします! 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。