スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北向きの土地

住宅を建築するためには当然それを建てるための土地が決まらないことには始まりません。今年新築を考えている方は、土地探しを始めているころかと思いますが、土地の方位によって建物プランが変わることを覚えておきましょう。

今日は「北向きの土地」について

■北向きの土地

北道路

北側に道路がある土地です。道路に近い側、つまり北側に駐車スペースを配置しますので、庭を南側に設置すれば庭のスペースはそのまま確保することができます。そして、玄関、トイレ、浴室、水周りなどに関しても日当たりの必要性が少ない部屋を北側に設置すればよく、リビングダイニングを中心に広い室内空間を南側に配置できるため、住宅内を明るく設計しやすいのがメリットです。また、北側には道路がありますので、北側斜線の影響を非常に受けにくいという面があります。

リビングの南側には裏側の家がありますので、リビングの前を人が通るのが目に付くことはありません。庭の使い方もプレイベートガーデンを作りやすくなります。 多少雑草のお手入れを忘れてもあまり気になりません。

その他、車に日が当たりにくい、庭で遊んでいる子供が飛び出す可能性も少ないなどメリットは意外と多いです。

ただ、あくまで南側にスペースがとれるような奥行のある北向きの土地がベストで、南側にスペースをとれないようであれば、吹き抜けを設けたり、2階リビングのような設計の工夫が必要です。また冬場は多少雪解けが悪かったりします。

北向きの土地は、「北」側で寒いイメージがしますが、意外とメリットが多いのです。土地の値段も割合安く、土地探しの時は、南側にスペースをとれそうな北向きの土地も候補に入れて探しましょう


↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp


↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします! 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。