スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税

今日はこれから新築を考えている方には気になる「消費税」の話。

物やサービスを買うときにかかる消費税は、当然住宅を買うときにもかかります。ただし住宅価格のうち土地代は非課税です。ほかにも個人が売主の中古住宅や、各種保険料、マンションの管理費などは課税されません。課税されるのは新築住宅の建物代(建築工事費や設計料も含む)、各種手数料などです。

2012年8月に消費税増税法が成立し、2014年4月1日から8%に、翌2015年10月1日から10%に、2段階で税率を引き上げることとなりました。ただし法律には名目3%程度、実質2%程度の経済成長率が努力目標として明記され、経済の急変時には増税を見送る景気条項も盛り込まれています。

また住宅の取得については税率引き上げの影響が大きいことから、税負担の緩和など必要な措置について検討するとしているとか。

例えば、税抜き建物価格が2000万円の新築住宅の場合、現行の5%では消費税が100万円ですが、8%では160万円に、10%では200万円にそれぞれアップします。この場合ほかの条件が変わらなければ、2015年10月から住宅価格が100万円高くなる計算になります。

住宅の消費税は原則として物件の引き渡し時点の税率が適用されますが、注文住宅などの建設工事請負契約の場合、引き上げの半年前までに契約を結べば、引き渡しが税率引き上げ後になっても契約時点の税率が適用されます。

つまり2013年9月30日までに契約すれば消費税は5%、2012年10月1日から2015年3月31日までに契約すれば8%の課税です。

マンションや建売住宅の売買契約にはこのような規定は明記されてませんが、1997年4月の税率引き上げの際は、売買契約についても買主のオーダーによるプラン変更などが可能な場合は請負契約と同じルールが適用されたように今回も同様の措置が取られるものと考えられます。


家は一生に一度といえる大きな買い物です。それだけに少しでも安く抑えたいものですが、消費税増税は建てる時期によって何十万円単位で価格が違ってきますので、消費税増税前にマイホームを建てようと考えている方が増えてきているのも当然かもしれません。

新築をお考えの方は当社にお気軽にお問合わせくださいね


↓当社へのお問合わせはこちら
お問合わせ

↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします! 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。