スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳代が約6割、本人年収300万円台最多

今日はニュースです。

北海道住宅通信(2010年11月10日号第3面)によると、フラット35(買い取り型・保証型)につい09年度に融資承認した道内の利用者1186人の属性をまとめた報告書の中から、最も多い468人が利用した「土地付き注文住宅」の利用者では、「30歳未満」が74人(15.8%)、「30歳代」が272人(58%)、「40歳代」が76人(16.2%)と、「30歳代」が全体の58%を占めました。

職業別では「会社員」が70.9%、「自営業」14.7%、「公務員」10.0%の順。世帯の年収(夫婦合算含む)別では、「400万円台」が30.1%で最多、「300万円台」19.0%で続いているが、本人の年収に限ると「300万円台」が25.9%で最多と、現在の低金利を反映してか、30代でまだ年収が低くても家賃と変わらない返済額でマイホームを買える今が買い時と考えている方が多いようです。

所要資金では、「2200万円~3000万円未満」が44.2%、そのうち自己資金は、「ゼロ」14.7%を含め、「200万円未満」が全体の40.4%を占めています。

09年度からフラット35の融資条件「自己資金1割」が撤廃され、土地+建物の全額が融資されるようになり、利用者は前年度に比べ45.8%増と大幅に伸びている09年度。今年は、09年度に比べさらに低金利、フラット35Sによる金利優遇のメリットがあり、マイホームの取得を実現した方が多かったはず。マイホームを持とうか迷っている方は、このデータを見てひとつの検討材料にしてくださいね



↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。