スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「尺モジュール」と「メーターモジュール」

今日は建築の話。以前、建築で使われる「単位」について書きましたが、従来から日本の一般的な家では、○○坪や○○間というように尺を基準とする「尺モジュール」が採用されてきました。尺モジュールとは、3尺(910mm)を基本の長さとする方法で、この基本寸法毎に柱をたてる設計を行います。当社でもこの尺モジュールを採用しています

最近では、大手ハウスメーカーを中心に、1m(1000mm)を基本の長さの単位として設計する「メーターモジュール」というものを採用するケースが増えてきています。

同じ間取りの家をメーターモジュールと尺モジュールで比べてみると、同じ間取りでも面積はメーターモジュールの方が、尺モジュールに比べて約20%も大きくなります。

尺モジュールの畳1畳分は「910mm×1820mm」。それに対してメーターモジュールの畳1畳分は「1000mm×2000mm」。「リビング8帖」と書いてあっても、尺モジュールなら「3640mm×3640mm」なのが、メーターモジュールなら「4000mm×4000mm」になります。廊下や階段の幅、トイレ、洗面所も同様に同じ間取りならメーターモジュールのほうが広くなります。

部屋や廊下が広くなる分、メーターモジュールの方がいいのでは?と思うかもしれませんが、面積が増えた分、建物の総額も上がることを忘れてはいけません。

ではどっちがいいの??と言われれば、わかりやすく比べるには、同じ間取で比較するのではなく、同じ建物面積で比較するとわかります。

建物面積が同じだとすると、尺モジュールでちょうどいい部屋の広さと部屋数だなと思った間取が、メーターモジュールだと物足りない間取に感じるはずです。なぜかというと、廊下や階段、洗面所など広くした分部屋が狭くなっているからです。メーターモジュールだと、部屋の広さや部屋数を確保するためにきっと建物面積を大きくする方向に話しが進み、結局大きくなった分価格が上がっていくことでしょう。

元々広い部屋が少し狭くなるくらいのことならば、廊下を広げた方がよいと言う選択肢もありですが、限られた予算の中で廊下や階段、トイレなどに必要以上スペースをとるのはどうかなと思います。ただ、一番大切なのはお客様がどこに広さを求めるかですから、部屋を狭くしても、そういうスペースがほしいという方はいいと思います。

「メーターモジュール」は住宅会社にとってのメリットの方が大きいと私は思います。

それは、

①「メーターモジュール」を採用して、少しでも大きな建物にしてもらえればその分価格も上がるという点。
②坪単価が安くなるという点(メーターモジュールで間取りを造ると、面積が20%も大きくなるけれど、仕様内容は尺モジュールと同じ。つまり大きな面積で金額を割り算した方が、表示する坪単価は安くなります。)

限られた予算、建物の大きさの中で、どこに広さを求めるか。結局はそこですね


↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。