スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火災保険料の違い

今日は「住宅ローン」に関わる火災保険の話

火災保険については以前もお話ししました( 「火災保険」参照)が、今回は火災保険料の違いについて。

火災保険とは、建物や家財などの財産に生じた損害を補償する保険です。銀行の住宅ローン商品やフラット35を利用する場合、一定条件の火災保険への加入が求められます。ただし、この場合の火災保険は「建物」のみを対象としていますので、「家財」についても保険対象とする場合は、「建物」と「家財」それぞれに火災保険の保険金額を設定することが必要です。また、火災保険のみでは、地震による火災は対象外とされていますので、その場合併せて地震保険の加入が必要です(地震保険については次回お話ししますね)。

火災保険は、 ①保険の補償内容、②保険対象の建物の所在地、③保険対象の建物構造・用途 よって保険料が異なります

※保険商品(補償内容など)・保険料・引受条件などは、各損害保険会社によって異なります。詳しくは、各損害保険会社にお問い合わせください。

①保険の補償内容は、火災/落雷/爆発/風災/ひょう災/雪災/水害/盗難/物体落下/水漏れ などの保険で補償する範囲によって保険料が異なります(各損害保険会社によって様々な補償内容が用意されています)。

②保険対象の建物の所在地は、各地域によって気候や地理的条件によって、火災や自然災害の頻度や損害の程度が異なることから、都道府県別に保険料率が異なります。

③保険対象の建物構造は、建物の構造・材料などの違いが損害の程度や壊れやすさに影響することから、住宅の「建物種類」と「耐火性能」によって保険料率が異なります。また保険会社によって、建物用途(専用住宅・併用住宅など)によって保険料率が異なる場合があります。

多くの損害保険会社が、以下の建物構造を用いて保険料を区分しています。
建物構造と保険料の比較
※大手損害保険会社のうち、各社のホームページ上でT構造とH構造の保険料比較が容易に可能な同一保険会社の保険商品(積立型を除く)について比較。


H構造の保険料を100%とした場合、T構造の保険料40~60%程度になる損害保険会社もあります。

ちなみに当社「匠の家」は省令準耐火構造(セコム損保)で、T構造の保険料が適用されるので、保険料が安く諸経費の負担が抑えれます。

※省令準耐火構造とは、省令で定める基準に適合する住宅をいい、一定の防火性能が確保できる性能を持つ住宅のことです。

例えば保険金額1600万円、年数35年(水災・地震なし)ですと、

H構造(一般的な木造軸組工法など)の保険料が約39万円
T構造(当社「匠の家」)の保険料は、約16万円

なんと約23万円もお得です

限られた予算の中では、「土地」「建物」以外のこの火災保険料も含めた諸経費が少しでも安くなれば、「土地」や「建物」に予算を多くまわすことができます。

「土地」「建物」の合計が安くても、諸経費が高ければ予算オーバーにもなりかねません。予算オーバーにならないためにも諸経費を含めた総費用で判断しましょう!


↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp

↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします! 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ

 


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。