スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンの金利決定時期

今日は住宅ローンの話。

住宅ローンを選ぶ際に最も重要視されているのは金利ですが、金利のタイプだけでなく、金利の設定時期を確認することも重要です。

金利の設定時期には、「申込時金利」「実行時金利」の2つのパターンがあります。

「申込時金利」とは、住宅ローンの申込みを行なった時点での金利で、「実行時金利」とは、実際に融資が実行される時点での金利となり、金利の設定時期が異なります。
請負契約 金利実行時

この金利の設定時期が異なることにより、実行時金利の場合、融資申込時点より金利が下がればいいのですが、申込時より金利が上昇して、当初資金計画していた返済計画が大きく変わってしまい、資金計画を見直さざるえない状況も発生します。資金計画を立てるうえで、金利の設定時期は重要なポイントなので、金利の動向について注意を払う必要があります。

「フラット35」や「都市銀行の民間住宅ローン」の金利は融資実行時、つまり建物の引渡し時の金利が適用される「実行時金利」なので、工事着工前に融資を本申込みして工事中の方など、契約を締結して新居の完成を待っている方は気が気ではないかと思います。

しかし、全ての金融機関が融資実行時の金利が適用されるわけではありません。「財形住宅融資」や「北洋や道銀、ろうきんなど地方銀行の民間住宅ローン(北海道の場合)」のように、住宅ローンの申込時の金利が適用される場合や、申込み時の金利若しくは融資実行日の金利の低い方から選択できる住宅ローンの商品を扱っている金融機関もあります。

どこの住宅ローンを利用するかのひとつの参考にしてくださいね


↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp

↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします! 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。