スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マガジンラック

今日はインテリアの話。

当社のお客様のご要望で多いのが「マガジンラック」です。そこでご提案しているのが、壁の厚みを利用した、デッドスペースの有効活用です。通常1ヵ所工賃がかかるところですが、当社ではある程度サービスで設置しております。

キッチンの横の腰壁など掘り込みできる壁があればどこでも設置可能です。

マガジンラック1    マガジンラック2    マガジンラック3


リビングでは、定期購読している雑誌や新聞がサイドテーブルやコーヒーテーブルに置きっぱなしになったり、積み上げられていたりすることが多いですが、そんな時雑誌や新聞などをしまっておけるマガジンラックがあれば、部屋が片付づいてきれいになります。

台所でも料理に関する雑誌やガイドブックを置いておいて、料理の際の参考にするという方が多いので、近くにマガジンラックがあれば必要な時にさっと取り出せます。

雑誌や本をたくさん保管する棚とは別に、気軽にピックアップできる仮置き場としてマガジンラックを備えておくと便利です


↓毎週土・日・祝公開中のモデルハウスについて詳しくはこちら

「オープンハウス情報」

↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp


↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします! 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。