スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年家を建てるメリット

マイホーム計画を具体化するために、やはり気になるのは「お金」のことですね。

かつてないほどの住宅ローン金利の低水準に加え、景気対策として2009年の税制改正によりスタートした住宅ローン減税はもちろん、優遇制度も今年いっぱい活用できるもの、来年まで続くものと、まだまだあります。

今年家を建てるメリットを再確認しましょう!

●住宅ローン減税は今年が有利

・今年なら、一般住宅で最大400万円まで
2009年にスタートした住宅ローン減税は、過去最大規模。ただし、この減税は、年々縮小されていきます(2013年12月31日までに入居した方が対象)。また、長期優良住宅は一般住宅より優遇されていますが、今年までは控除率も優遇されます。減税効果の高いうちにマイホームを取得するのは今年が有利です。

住宅ローン減税

●住宅エコポイントの延長と拡充

一般の省エネ基準を満たす住宅の新築やリフォーム工事をするとポイントが発行される「住宅エコポイント」制度の期間が延長になりました(2011年7月末日までに建築着工)。さらに、新築住宅では今年1月1日以降に建築着工し、太陽熱利用システムを設置した場合、従来の30万ポイント(1ポイント=1万円相当)に2万ポイントが加算され合計32万ポイントが発行されます。

●住宅取得資金贈与の非課税措置が拡充

・贈与税の非課税枠
2009年の税制改正時には500万円だった住宅取得資金の贈与税の非課税枠。2011年は、1000万円となります。(贈与を受けた年の合計所得金額が2000万円以下の方)

暦年課税を適用する場合

2011年の基礎控除110万円 +<非課税特例枠>1000万円

=合計1110万円非課税 

相続時精算課税を適用する場合

2011年一般枠2500万円 +<非課税特例枠>1000万円

=合計3500万円まで非課税(贈与時は非課税。相続時に合算して課税)


●不動産取得税・登録免許税・固定資産税も軽減

・不動産取得税

①課税標準の控除   一般住宅1200万円(長期優良住宅1300万円)

②軽減税率の適用 本則税率4% → 3%

・住宅に係る登録免許税

税率の軽減

所有権保存登記 本則税率 0.4% → 一般住宅0.3(長期優良住宅0.1%)

・固定資産税

固定資産税の減額

一般住宅特例 当初3年間半額(長期優良住宅 当初5年間半額)

他税

エコポイントの延長は、当初予定されていた今年の年末から7月末日までの建築着工に変更になりました。今年家を建てようと考えている方は早めに決断が吉ですね

↓税金についての詳しいことはこちらを見てくださいね!

「税金」


↓毎週土・日・祝公開中のモデルハウスについて詳しくはこちら

「オープンハウス情報」

↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp


↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします! 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。