スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築で大切なこと。

この時期いろいろな建築会社のモデルハウスを見て回って、各社それぞれに良いところがあってどこを選んだらいいか迷われている方も多いはず。

お客様が比較のために参考でよくご質問されるのが、「断熱材の種類」「工法」など建物構造のこと。各建築会社によって建物構造が違って、なかなか判断が難しいところです。ただ、建築で大切なことを忘れてはいけません。それは・・・・

「断熱材」を例にとりましょう。

オイルショック以降、省エネに対する社会全体の意識が高まり、住宅用断熱材としてグラスウールが急速に普及しました。 ただこの時代の建物は、「断熱材さえ入れればよい」という意識だけで技術が追いつかず、30年以上たった今、その時代の施工によるトラブルが発生し、その原因が「断熱材にグラスウールを使用したことにある」と誤解している方もいるはず。

その誤解の一つとして、「吸湿性のある断熱材を使用することが、結露を引き起こす直接原因である」という考え方。グラスウールを使うと内部結露を起こしやすいと誤解されていますが、内部結 露の最大の原因は「誤った施工による構造内部への湿気(水蒸気)の浸入」です。

例えば繊維系 断熱材の場合には、断熱材の室外側への押し込み過ぎや寸法不足等により断熱材と躯体との間に 隙間ができたり、防湿層が隙間なく正しく施工されていなかったり(破れの放置、表裏逆施工な ど)ということが原因で、躯体内に湿気が浸入、外へ排出されずに冷やされて内部結露してしまいます。そのため充填工法(柱間に断熱材を入れる工法)の場合は防湿層の施工が重要です。


また、外張り断熱などで用いられることが多い発泡プラスチック系断熱材のように一般に水や湿気を吸わないと言われている材料でも実際には透湿性がありますので、正しい施工が行われなければ結露は起こります。また、発泡プラスチ ック系断熱材の場合は素材が硬く弾力がないので、施工の際に断熱材同士や構造材と断熱材の間に隙間ができやすく断熱欠損(熱が逃げること)になるばかりでなく、経年変化による材料収縮により突き合わせ部に隙間が生じたり、あるいは材料そのものの透湿により湿気が浸入し結露する危険があります。


一番大切なことは、断熱材の種類に関わらず正しい断熱材の施工、正しい防湿工事を行うことにより湿気が浸入する隙間をつくらないこと、あるいは正しい断熱工法を選択することです。

万一湿気が浸入しても、外部に通気層を設けることにより 湿気が排出される「通気層工法」であれば内部結露を防ぐことができます。当社ではこの方法を用いた正しい施工を行っております。



建築で大切なこと。それは、基礎、断熱材や工法など正しい施工を行うこと。当たり前のようですが、それが一番大切なことです。モデルハウスの見学だけでなく、その会社の現場見学、お客様宅を見学、アフターの対応など、見かけだけはわからないことに目を向けましょう。

「現場」を大切にする会社を選んでくださいね


↓毎週土・日・祝公開中のモデルハウスについて詳しくはこちら

「オープンハウス情報」

↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp


↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします! 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。