スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団体信用生命保険

今日は住宅ローンの話。住宅ローンを組む際には、通常、団体信用生命保険(以下、団信)に加入します。当社のお客様がよくご利用される北洋・道銀などの民間の金融機関で住宅ローンを組む場合は、団信に加入できることが融資の条件となっているところが多い(ろうきんは絶対条件ではない)ので、半ば強制的に加入させられるものです(ただし、フラット35の場合は任意加入)。

ただ、団信は基本的には必ず入ったほうがいい保険です。ローンの返済をしている人が、万一、死亡または高度障害状態になったときに、保険金が下りてローンが相殺されるので、残された家族にローンが残らないというありがたいものだからです保険料も安く設定されていて、借主負担ではなく銀行側の負担(金利に含まれている)となっています(ただし、フラット35の場合は別途年払いの保険料がかかります)。

そして住宅ローンを借りる時は、生命保険の見直しのチャンスすでに何らかの生命保険に加入していた人は、この団信への加入と同時に保障の見直しを行うのも重要です。たとえば、世帯主が死亡した場合の保障として、3000万円の死亡保障の生命保険に入っていた場合、住宅ローンを3000万円借りたときに入る団信は、ローン残高の減少とともに保障が徐々に少なくはなりますが、当初の段階では3000万円の死亡保障に別途加入するようなものだからです。

したがって、残された家族の生活費を冷静に見積もり、遺族年金などからの収入も考慮したうえで、すでに加入していた死亡保障の3000万円が多すぎると判断できるなら、解約をしたり、保障の減額をしたりして、保険料負担を軽減することが可能となります。

団信への加入で、万一のときには家が残り、ローンがなくなる。残される家族にとっては、住居費負担が固定資産税等の維持費のみとなるので、生活にかかるお金が多少なりとも軽くなるわけです。さらに、現在の保険料負担の軽減も実現できれば、家計にとってプラスになることは間違いありません。

また、北洋や道銀の団信の場合、普通の死亡保障だけでなく、3大疾病(ガン、心筋梗塞、脳卒中)や8大疾病(さらに高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)の保障を付加したものがあります(いづれも借主に保険料負担なし)。細かいところでは、八大疾病の場合、上記病気により就業不能状態が12ヶ月を超えて継続した場合、北洋はそれ以降の住宅ローンの支払いが免除されるのに対して、道銀は該当する病気と診断された時に遡って住宅ローンの支払いが免除される遡及効果があり、北洋と差別化を図っているとのことです。銀行も自分のところでローンを組んでもらおうと各社争っているんですね。

フラット35の場合、この団信は任意加入で、別途年払いの保険料がかかります。フラット35で借入をする場合はこの団信特約料も含めて借入金額を決める必要があります。ここで、団信をつける必要があるのか?と言う質問をされる方もおりますが、これは非常に難しい問題です。そのような疾病や失業の状態になる確率と、その特約をつけるための保険料負担とを天秤にかけると、けっして安い保険料にはなっていないと思われるので、個人的には積極的におすすめすることはありませんが、やはり、そのような状態になることがどうしても心配なのであれば、多少割高な保険料を支払ったとしても、加入しておいたほうが安心できるかもしれません。

保険という商品は、基本的にすべて確率論で考えれば、加入者にとって不利になる可能性のほうが高い商品です。しかし、その保険への加入によって安心して生活を送ることができるのであれば、けっして不要なものだともいえません。結局は、不安の解消によって得られる安心感と、保険料負担とのバランスよく考えて加入を検討しましょう

↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。