スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォール・アレンジメント

今日はインテリアの話。壁面を飾ることをウォール・アレンジメントといいます。 バランスよく上手に飾るポイントは、飾るものの高さです。身近なもので言えば、カレンダー、ポスター、子供のお絵描き、予定表、時計などありますね。

単純に感性で飾るのもいいですが、アンバランスだと遊びに来たお友達に笑われてしまいますそれぞれ貼る高さを決めるテクニックがあるんです
 
ポスターなど大きなものは、部屋のドアや窓枠に頭のラインをそろえてスッキリ感を出します。フォトフレームや絵を飾る時は、人の目線の高さを基準にすると良いです。例えば、玄関ホールなど立ち位置での目線の高さは150センチ前後。リビングルームでソファに腰掛けた時の目線の高さは120センチ前後。見せたいものが目線の中心にあると、バランスが良く落ち着きます。 絵などを複数飾る時には、上端か下端の高さをそろえると統一感が出ます。

ぜひ、模様替えの参考にしてくださいね


↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。