スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベッドサイズと部屋の広さ

今日はインテリアの話

必要な部屋の広さを決める際、ベッドの大きさを基準に決めることが多いです。

参考にベッドサイズを決める目安は、肩幅にプラス30センチの横幅。ベッドの横幅ー(肩幅+30センチ)がマイナスにならないものを選ぶのが理想です。二人用ベッドの場合は手が触れない距離に離れて寝た状態で計算します。 あおむけに寝た時、お互いの手と手がぶつからない距離(15~20センチ)を保った状態で 寸法を図ります。

ニトリで販売しているベッドの一般的なサイズは下記のとおりです。

シングル  幅約100cm

セミダブル  幅約120cm

ダブル 幅約140cm

ワイドダブル幅約155cm

クイーン  幅約170cm

キング 幅約200cm

ベッドの奥行きの殆どが、195cm~200cm程度。

ベッドは大きい方が良いですが、部屋の広さは限られます。ショールームで見たら普通に見えた大きさのベッドも、いざ部屋に入れてみると、ベッドが意外と大きく見えて、部屋が狭く感じることもあります。またベッドの片側と足元は、ベッドへの出入りの為、最低でも40~50cmの空きスペースを取るのが理想的です。以下はベッドサイズ別に最低限必要な部屋の広さの目安です。

シングル:4.5畳

セミダブル:4.5畳

ダブル:6畳

ワイドダブル:6畳

クイーン:6畳~8畳

キング:8畳以上

ベッドの場合は、枕元にナイトテーブルや電気スタンド等を置いたり、場合によっては鏡台、衣装ケースやタンス等を置く場合があります。また、ベッドの片側と足の方には、ベッドへの出入りのある程度のスペースも必要になってきます。

参考に様々な広さの部屋に、ダブルサイズのベッドを配置したイメージを下記に記載します。


■4畳にダブルベッド

4畳半
4畳半の部屋にダブルサイズのベッドを置くと、ベッドの周りには、ベッドへの出入りのスペースが必要になるので、あとはもう何も部屋には入りません。


■6畳にダブルベッド

6畳
6畳の部屋にダブルサイズのベッドを置いた場合、ベッドの配置箇所によっては、鏡台やタンス等のその他の家具も入れることができます。


■8畳にダブルベッド

8畳
8畳の部屋にダブルサイズのベッドだと、ベッド以外にかなりのスペースが取れます。テレビやソファ等を入れて、寝室以外の部屋の使い方もできます。


■10畳にダブルベッド

10畳
10畳の部屋にダブルサイズのベッドだと、かなりのスペースができます。この場合、シングルベッド2台を並べてキングサイズにするか、セミダブルベッドを2台並べてワイドキングにすることも可能です。


要望を全て満たすお家は大きくなりがちで予算オーバーということも。限られた予算の中でどこに広さをとるかを十分検討しましょう



↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp


↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします! 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。