スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土地にかかる建築規制

今日は「建築」の話

家を建てるには当然土地が必要になります。ただ、自分の土地だからといって、好き勝手にできるわけではありません。

土地建物には、利用を制限するための規制というものがいくつかあります。それは、建築基準法、景観条例、地区計画になります。

建築基準法…用途地域制度によって、地域ごとに建築することができる建物が制限されています。商業系地域や工業系地域の場合は住宅を建てることができません。

また、建築基準法には建築協定というものもあります。この建築協定とは、その地域の土地の所有者全員が一致して建物のルールを決めることができる制度です。とはいえ、全員合意ということが条件になっているため、新興住宅地など以外ではあまり使われることがありませんが。

景観条例…建物の高さや色、デザインなどについて制限を設けることになりました。

地区計画…市町村単位で策定することができるため、かなり細かい規定があるところも多くなっています。細かい単位で規定が決まっていますので、家を建てる場合は特に地区計画には気を付ける必要があるでしょう。

このように、自分の土地であったとしても好き勝手な建物が建てられるわけではありませんので、自分が家を建てようとしている地区にはどのような規制があるのか、ということは事前に確認することが必要です。



用途地域や各種土地利用規制等の位置等を調べるには・・・

都市計画情報提供サービスから、用途地域や土地利用規制等の地図情報をweb上で閲覧・検索できます。

(市役所にご来庁のうえ、建築指導部備付の閲覧用端末からも同様に調べることができます。)

↓札幌市都市計画情報サービス。トップページから住所で検索。

都市計画情報サービスTOP

↓調べたい土地の用途地域や土地利用規制等がわかります。

都市計画情報サービス2


↓実際に調べてみたい方はこちら

都市計画情報提供サービス
(札幌市市民まちづくり局都市計画部都市計画課HP)


↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp


↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします! 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。