スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用途地域

今日は「土地探し」の話

不動産会社のチラシやインターネットなどで販売している土地の情報を見ると、土地によって「第一種低層住居専用地域」など「用途地域」が定められているのはご存じでしょうか。

用途地域とは、良好な市街地形成のため、市街化区域内において建築物の用途、大きさ、形態などの基本的な事項を定めたものです。言い換えると用途地域は、その場所に建てられている建物の種類や用途などを示していて、将来どんな街並みになるのかをある程度予測をすることができます。そのため、建築を計画をする際の大切な目安となります。

用途地域は12の地域に分かれており、さらに、住居系、商業系、工業系と3つに分類できます。それぞれの特徴と建築物の規制をみてみましょう。

第一種低層住居専用地域
低層住宅のための地域
※小規模なお店や事務所を兼ねた住宅、小中学校などが建てられる。

第二種低層住居専用地域
主に低層住宅のための地域
※小中学校のほか、150㎡までの一定のお店などが建てられる。

第一種中高層住居専用地域
中高層住宅のための地域病院、大学、500㎡までの一定のお店などが建てられる。

第二種中高層住居専用地域
主に中高層住宅のための地域
※病院、大学などのほか、1500㎡までの一定のお店や事務所など必要な利便施設が建てられる。

第一種住居地域
住居の環境を守るための地域
※3000㎡までの店舗、事務所、ホテルなどが建てられる。

第二種住居地域
主に住居の環境を守るための地域
※店舗、事務所、ホテル、カラオケボックスなどが建てられる。

準住居地域
道路の沿線において、自動車関連施設などの立地と、これと調和した住居の環境を守るための地域

近隣商業地域
周りの住民が日用品の買い物をするための地域
※住宅、店舗のほか、小規模の工場も建てられる。

商業地域
銀行、映画館、飲食店、百貨店などが集まる地域
※住宅や小規模の工場も建てられる。

準工業地域
主に軽工業の工場やサービス施設などが立地する地域
※危険性、環境悪化が大きい工業のほかは、ほとんど建てられる。

工業地域
どんな工場でも建てられる地域
※住宅や店舗は建てられるが、学校、病院、ホテルなどは建てられない。

工業専用地域
工場のための地域
※どんな工場でも建てられるが、住宅、店舗、学校、病院、ホテルなどは建てられない。


家を建てることができない用途地域は、工業専用地域のみ。あとは静かなところ、利便性の良いところ、家が密接していないところなど自分が求める住環境に合う土地かどうか。

土地探しの参考にしてくださいね

↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp


↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします! 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。