スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅取得資金の贈与は非課税になります!

今日は税金の話

マイホームを建てるにあたって親からの資金援助があると返済計画も随分と楽になりますね。親からの住宅取得資金の贈与については非課税枠がありますので知っておきましょう

住宅取得資金にかかる贈与税の非課税措置は、適用期間が平成24年1月1日平成26年12月31日までの父母や祖父母など直系尊属からの贈与が対象となります。

非課税枠は、一般住宅については、平成24年 が1,000万円、平成25年が700万円、平成26年が500万円と年々縮小されます。また、省エネルギー性または耐震性を備えた良質な住宅の場合(構造計算や住宅性能証明書発行など費用がかかります)、平成24年 が1,500万円、平成25年が1,200万円、平成26年が1,000万円です。

主な条件としては、

・贈与を受けた年の1月1日において、20歳以上であること。
・贈与を受けた年の年分の所得税に係る合計所得金額が2000万円以下であること。
・贈与を受けた年の翌年3月15日までに、住宅取得資金の全額を充てて住宅用の家屋の新築すること。


祖父母からの贈与も対象になったのは大きいですね今は低金利の時代ですが、それでも多額の利息が発生しますので住宅ローンの借入金額はできるだけ抑えたいものです。無理のない資金計画を考えましょう!


↓詳細についてはこちら

「住宅取得資金の贈与税の非課税」のあらまし



↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp


↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。