スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローン控除

2014年も気づけばもう半ば。4月から消費税が5%から8%に増税になりましたが、見積している中で建築費の内消費税が120~150万円程占め高いなというのが実感です今年中にマイホームを持とうと計画している方にとっては土地探しやいくつかの建築会社の見積書を見ながら検討している時期でしょうか。そんな方にとっては消費税増税のデメリットはありますが、税制面でのメリットもありますので、今日はその中で「住宅ローン控除」の話です

住宅ローン控除とは、住宅ローンを借りて家を取得(新築・購入・増改築等)すると、各年末の住宅ローン残高の1%が10年にわたり所得税から控除される制度です。

【控除額】

最大400万円(500万円)控除

各年末のローン残高[上限4000万円(5000万円)]×控除率[1%]=1年分の控除額[最大40万円(50万円)]

⇒「10年間」の最大控除額[400万円(500万円)]

※(  )内は長期優良住宅または低炭素住宅の場合


上の式で計算した控除額より所得税額が低い場合は、所得税がゼロになり、控除しきれなかった額は翌年の住民税から減額される(課税所得金額の7%・最高13万6500円が上限)。ただし、この制度が適用されるのは2017年12月31日までで、年収や住宅ローンの借入期間、購入する家の面積など一定の条件があります。

住宅ローン控除は、住宅の新築、購入(新築・中古)、また工事費が100万円を超える増改築、一定条件を満たす省エネ・バリアフリー改修などにも適用されます。ただし、購入する人の年収や住宅ローンの借入期間、取得する住宅の面積などに条件があります。

【主な要件:新築】
・住宅の床面積(登記簿面積)が50平米以上
・住宅ローンの返済期間が10年以上であること
・住宅を取得後、6カ月以内に入居し、控除を受ける年の12月31日まで引き続き住んでいること

この住宅ローン控除の適用を受けるには、入居の翌年に税務署に確定申告をしなければなりません。給与所得者の場合は2年目からは勤務先の年末調整で還付が受けられます。

今自分が納めている所得税額は年末に会社から渡される源泉徴収票の「源泉徴収額」をチェックしましょう!
毎年かかる固定資産税・都市計画税の負担軽減にはなりそうです

↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp

↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。