スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「電気」か「ガス」か

今日は「建築」の話

電気料金の値上げから最近は暖房熱源を「ガス」でというお客様も多くなりました。当社の床暖房は不凍液を温めて床下で循環させる温水暖房システムのため、不凍液を温めるのに「電気」を使うか「ガス」や「灯油」を使うかは選ぶことは可能です。

当社ではオール電化の場合、33坪以上のお家で標準としているのが「空気熱ヒートポンプ」です。外気の熱を取り込んで、その熱を利用して不凍液を温めるため、電気使用量が抑えられ、北電の割引が受けられるお得な電気料金プランを利用することで、年間のランニングコストが抑えられます。

またガス(天然ガス・プロパン)の場合は、熱ロスを抑えた「エコジョーズ」や最初に費用はかかりますが自家発電「コレモ」もご提案しております(灯油の場合は「エコフィール」)。

電気が良いのか、ガスが良いのかよくご質問を受けますが、当社では絶対にこれが良いという押し売りは避けておりますので、間取りが決まればご希望に応じて北電や北ガスなどのラニングコストのショミレーションを客観的な参考資料としてお渡ししてお客様にご判断をお願いしております。

建築会社によっては絶対に電気はダメだ、ガスが良いという話をしている会社さんもあると聞きますが、個人的な見解としてはそんなに単純な物差しで決められるものではないのではと思っています。

構造に特化した建築会社、デザインに特化した建築会社などこれだけの建築会社の中で、各社自分の色を出そうとアピールしていますので、情報に惑わされず自分のご予算でバランス良くお家が建てられる会社を選んでいただきたいものです・・・・・と思った今日この頃です


↓当社へのお問合わせはこちら
お問合わせ

↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリ
ックお願いします!
 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。