スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニッチ

さて、今日はインテリアの話。

最近当社のお客様のご要望の中で、玄関ホールや廊下、リビング、洋室などに「ニッチ」を設ける方が多くなりました。「ニッチ」とは、壁面に小さな飾り棚を掘り込んで取り付けることです。

奥行や大きさ等は物件によって異なるが、10cm~15cm程度の奥行があり、カウンターをつける場合が多いです。写真や置物、人形、ぬいぐるみ、鉢植え、・・・など趣味の様々なものを飾ることで、空間にアクセントとしてとてもる効果を発揮します。

ニッチ2   ニッチ3



設置場所は、在来木造でしたら柱や間柱の間に、耐力壁や断熱材に影響がなければどこにでも設置できます。

面積の大きな壁面でしたら2箇所、3箇所と配置するのも良いですが、バランスを考えて配置しましょう。ニッチはあくまでも壁面のワンポイントのアクセント、あまり多く設けると壁がにぎやかになりすぎる場合もありますから注意してください。

また、ニッチにはどのようなものを飾るか、ある程度想定してインテリアの配色も考えましょう。照明もつける場合も玄関ホールや廊下でしたら、飾り物を効果的にするの照明も役に立ちますが、リビングのニッチには必要ない場合もあります。

例えば南に面したリビングのニッチは昼間は照明を使用する必要がなく、夜間だけの照明になります。それにリビングは主照明を部屋の大きさに合わせて選んでいるので、テレビなどをおくと、かなり明るい部屋となるのが一般的です。照明の効果や照明を付けるに価するほどの物を置くのかもよく考えましょう。

ニッチはインテリアのアクセントととして効果的ですが、バランスや飾るものを考えて設置しましょうね



↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。