スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保証人と保証会社

さて、今日は住宅ローンの話。

多額のローンを借り入れする場合には、もし自分が支払いできなくなった時に代わりに支払いをしてくれる「保証人」というものが必要になるのが一般的ですが、住宅ローンの場合は金額が大きすぎるため、保証人がいたとしても保証人に支払い能力がないなどの状況が起こりやすく、返済が滞ることが多くありました。

そこで、個人の保証人を設定してもらうのではなく、「保証会社」というものを作ってその保証会社に債務の保障をしてもらうことにより、金融機関は住宅ローンの貸し倒れリスクを少なくすることが可能になりました。

今では住宅ローンに保証人が必要な場合はほとんどなく、「保証会社」に保証料を支払い、保証してもらうことが多くなっています。

具体的には、北洋銀行や北海道銀行、ろうきんなどの当社でよく利用する民間ローンでの融資には、保証会社の保証が必要です。そのため、借入する時に前払いで保証料を納めることが必要になります(金利上乗せの保証料後払いタイプもあります)。

保証料は、各銀行によって借入れ金額の数%といった具合に設定されていて、数十万単位で金額が変わってきますので、各銀行の保証料も考えて借入れする金融機関を選択する必要があります。公務員はサラリーマンよりも保証率が安く設定されていたり、勤務先の取引銀行で保証料が優遇される場合もあります。ろうきんのように、勤続年数に応じて保証料率が設定されている銀行もあります。

フラット35の場合は、保証会社の保証は必要ないので保証料はかかりませんが、窓口になる金融機関によって、借入する金額の数%を手数料として支払う必要がありますので、フラットの場合も金利、手数料などを比べて、金融機関を選択する必要があります。


保証料は、保証人に代わって、自分のローンを金融機関に保証してくれるもの。もしローンの支払いができなくなったとき、保証会社が代わりに金融機関にローン残金を返済してくれます。

ただ、それで自分が返済しなくて良くなったのかというとそういうことはなく、保証会社にローン残金を支払う必要があります。支払いする相手が変わるだけで、ローン残金がなくなるわけではないので注意してくださいね


↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。