スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在来工法

今日は建築の話です

家づくりを考えている人なら「在来工法(ざいらいこうほう)」という言葉はきっと聞いたことがありますよね。在来工法とは、土台や柱、梁などを用いて組み立てられる日本の伝統的な建築工法のことで、在来軸組工法とか木造軸組工法ともいいます。

この工法の特徴は簡単にいうと、縦軸材=柱横軸材(横架材)=梁で建物を支える構造でそれに補助となる筋交い(すじかい:柱と柱の間にある斜めの部材)や構造用合板で構成されます。日本の昔からの建物ですから『在来(ざいらい)』と呼ばれているんです

軸で支える構造なので、壁の配置に制約が少なく、大きな開口部をつくれるので、通風や採光に優れた間取りをつくることや、複雑な形状の敷地に合わせて建てることができる設計の自由度が高いのが特徴です。また、増改築が容易で、使用する木材によって予算も柔軟に調整できます。

現場での作業でも、軸組みを組み上げてから、屋根が掛かって雨が防げるようになるまでの期間が他の工法と比べて、比較的早いほうなので、雨に濡れて、乾かしたりするタイムロスや、余計な心配事が掛からなくて住む事は好材料です。

また、以前までは材料同士を接合するために柱や梁の端の形を接合用の形状に削る事を実際に建てる現場で行っていましたが、これはその材料を削る大工の力量によって良し悪しが大きく違ったため、現在ではこの部分を工場加工(プレカット)としていることが一般的になりました。

このように、接合部分の強度のバラツキを防ぎ、人の腕の良し悪しの差を無くす方向になっています。日本の住宅の工法で圧倒的に多く普及している工法なので、技術者(設計者・職人さん)が多く、生産量が多いことで日々の技術革新はこの在来工法の方が速いのが事実です。

当社でもこの在来工法を採用しています。そして柱や梁や筋交いの継ぎ目に様々な補強金物やダイライト(構造用合板)を使用することで地震や火災に強い家づくりに努めています

在来工法

補強金物やダイライトについては次回お話ししますね

↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。