スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補強金物

恥ずかしながら体調管理不足で、喉痛→発熱→咳→鼻水 といった流れで見事に風邪をひいています。今は最終段階の鼻水で声はすっかり鼻声で別人な感じです。これからインフルエンザも流行る時期ですから皆さんも十分にお気をつけください

さて、今日は建築の話です

当社では在来工法を採用しています。そして柱や梁や筋交いの継ぎ目に様々な補強金物やダイライト(構造用合板)を使用することで地震や火災に強い家づくりに努めています

当社で使用している補強金物を一部ご紹介。

↓まず柱を留めるための金具としてスリムプレート2倍筋かいマルチの二つを採用。これにより地震等の大きなゆれで柱などが引き抜かれないように強度をあげています。

スリムプレート

↓また、基礎と土台をつなぐビス止めホールダウンは直下型地震の際、柱が引き抜かれないように留めるための金物になります。

ビス止めホールダウン

↓さらに土台と柱をつなぐフラットプレートで補強。

フラットプレート


↓地震の際に建物がよじれない様にする為の火打ち金物で補強。

火打ち


家は建ててから見えないところほど大事なんです!これから家の着工が始まる方は、現場によく足を運んで分からないところは大工さんに聞いてくださいね


↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。