スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコカラット

今日はインテリアの話

今日と明日の2日間、東雁来のT様邸の完成現場見学会をしていますが、このT様邸の見所のひとつとしてINAXの内装壁材『エコカラット』があります。

「エコカラット」とは自然の土を高温で焼き固めた室内用タイルで、湿気を吸ったり吐いたりと室内の相対湿度の状態に合わせて自在に呼吸ができる健康を考えたインテリアウォールです。

エコカラットの主な4つ特性は・・・・

●湿気を吸収し、結露を軽減
●カビ・ダニが好む高湿度を抑制


エコカラットは、優れた湿度のコントロール機能、吸着機能でいつでも空気を清潔にキープ。湿度を吸ったり吐いたりしながら、いつでも湿度を40%~70%に保つ能力があり、結露防止、 カビやダニの繁殖なども抑えることができます。湿度が高くなるほど湿気を吸うので、窓の結露を抑え、窓拭きの作業がグンと楽になり、洗面室などの湿気が多いところに貼れば効果的です。

●ホルムアルデヒド・トルエンを吸着

シックハウスの原因となる、ホルムアルデヒドなどの有害物質を一切含みません。むしろエコカラット自身が ホルムアルデヒドやVOC(揮発性有機化合物)を吸着します。

●優れた脱臭性能

タバコやペットの臭いや生活臭、トイレ、キッチン、靴箱などの家の中の気になる臭いの原因となる物質をとりこみ、悪臭を抑えます。


こんな優れた機能を持つエコカラットですが、デメリットは・・・・

衝撃に弱く、水系の汚れに弱い(水分を吸ってしまうため)

ただ、これらも工夫次第で解決できます。小さなお子様や室内のペットが汚してしまうのでは・・・という心配であれば、床から1メートル程度の高さや目線の上からの部分使いをすれば、汚れのリスクを大幅に下げることができます。これだと貼る面積が狭いので、ちょっとしたアクセントで使う感じですね。

また、壁をくりぬいたような飾り棚「ニッチ収納」、「ニッチカウンター」の背面に貼れば、直接触れる機会が減らすことができます。さらに、照明を取り付ければ、エコカラットの魅力のひとつであるでこぼこが生み出す陰影を楽しみながら、ニッチカウンターに飾る雑貨やグリーンなどを効果的に演出することができます。


デザイン性を兼ね合わせた健康素材「エコカラット」。当社ではオプションで別途料金がかかりますが、お部屋のちょっとしたアクセントと健康を考えて使ってみてはどうでしょうか

2010102912270001.jpg
2010102913130000.jpg



↓エコカラットの詳細についてはこちら

http://ecocarat.jp/

↓11月13日、14日 完成現場見学会についてはこちら

東区東雁来T様邸



↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。