スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラット35の取扱い金融機関

今日は住宅ローンの話

昨年から経済危機対策を受け、100%ローンが可能になったり、融資対象になる諸費用の範囲が拡大したり、当初10年間金利が-1.0%引下げ(フラット35S)と使い勝手が良くなった「フラット35」。最近の低金利とあいまって利用者が増えています。当社でもご相談を受ける機会が多くなりました。

「フラット35」は、銀行・ノンバンクなどの民間金融機関と住宅金融支援機構(従来の住宅信用公庫)が提携して行っている、最長35年の長期固定金利住宅ローンの事を指します。長期固定ということで借り入れ時に確定した返済額が変化することがなく、毎月の返済額が一定となるため、長期的なライフプランも立てやすくなります。将来的に金利水準が上がっていくと予想されている場合、その差がそのまま有利な条件になりますからおすすめです。実際には10年先、20年先、30年先の金利水準を予想することは不可能に近いことですから長期固定であることのメリットはより大きくなります。

ただ、利用条件、融資対象の条件が厳しく決められているので審査が長引きやすいのがデメリットの一つといえるかもしれません。

各金融機関で扱っているフラット35。どこの金融会社でも同じ名前をつけているんだからどこのを選んでも同じような物だろうと考える方もいるかもしれませんが実はそうはいかないのがこの住宅ローンの特徴です。それは取扱金融機関によって金利や手数料が異なるので、これがどこの金融機関のフラット35を選ぶかがポイントになります。

手数料なんてしれたものと、ついつい金利が低いものを探しがちですが、実は手数料で有利なケースが逆転することもあります。手数料の1%の違い、金利の0.1%の違いが、その性質上、長期に渡って大きな金額を扱う住宅ローンにおいては、実際のお金で数十万円、数百万円の差となってしまうことが少なくないのです。選択の際は、金利と手数料の両方に着目し、トータルでチェックするのがポイントです。


フラット35の金利と手数料のかかり方は、以下の2タイプに大別されます。

(1)相対的に金利が低い ⇔ 借入額に対して手数料が定率

(2)相対的に金利が高い ⇔ 借入額にかかわらず手数料が定額



(1)の特徴は、借入時に手数料としてまとまったお金を払うものの、金利が低いため毎月の返済負担が軽いこと。高い手数料は、利息の前払いという要素を含んでいると考えられます。これから先、数十年にわたって続く返済を少しでも軽くしておきたいという場合は(1)を選択するといいでしょう。

これに対して(2)は、当初の負担が軽い分、毎月の返済が多めになります。頭金に余裕のない人はこちらを選択せざるを得ませんね。

プランの選択で悩んだときは、住宅金融支援機構のホームページにある「金利情報」がオススメです。総支払い額で見ると、今現在の金利、手数料で有利な金融機関が分かります。詳細は各金融機関のホームページで確認してくださいね

ちなみに今日現在では、楽天の金利2.15%、手数料 借入金額×1.05% が総支払額で見て最安で、この条件で融資を受けれるのは楽天口座の開設が条件になっているようです。


住宅ローン商品の選択は客観的な視点が大切です。より多くの情報を取り入れて、自分の家計に合っているかを客観的、総合的に判断しましょう。



↓匠建コーポレーションのホームページはこちら
http://www.takken.bz/

↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。